【山岳保険】地元の低山に時々登って楽しんでるおっさんだけど、万一山中で倒れた時に救助に来てくれるサービスなどある?

  • URLをコピーしました!
【山岳保険】地元の低山に時々登って楽しんでるおっさんだけど、万一山中で倒れた時に救助に来てくれるサービスなどある?



時々、イノシシや猿に遭遇するので 



JAF 



普通に救急車が来てくれるよ 
天保山ならね 



自己責任 



電波届くでしょう 



保険入ってないとやばそうだな 



携帯はドコモにしとけ 



たとえば、猿に襲われて殴られたり荷物を奪われたりして動けなくなった時に助けに来てくれるサービスなんか無いの? 
やはり低山とはいえ一人登山はほどほどにしといたほうがいいのか 



YAMAP入れてGPSをONにしとけ 



>> 
そしたら事故ったらどう役に? 



>> 
それは意味がない 
自分の位置が分かるだけ 
携帯電波が届かない限りそれを伝える手段がない 



>> 
GPS情報の共有だけじゃなくてすれ違ったユーザー同士ならどちらかが 
圏内に入った時にすれ違った時の位置情報が知り合いに送信される 
機能もあって実際それで発見されたことがあった 



>> 
それやろうとするとGPSに加えてBluetoothも常時オンにしておかないといけないから電池消費しまくりなのね 



おれはヤマレコ派ですが 



ココヘリの会員になってライフビーコンを借りとけ 






apple watch の転倒検知機能でいけるんじゃない? 
使ったことないけど 



よく考えたら独身なのでのたれ死んでも困るやつはいないが、、 



稀にドクターヘリ飛んでるし 
何の山かどこのコースか20 21 22 みたいな50mごとの目印?の場所伝えれば 
費用高そうだが救急隊員来るんじゃないか 



サービスってアホか 



電話通じるだろ 



今どき全てオンでもたいして減らんわ 



予備バッテリーは必須としても 
低山でも電波のカバーから漏れる影になるところはちょこちょこあるから 
動けなくなった時に電波が届かなくて声も届かない場所や人通り少ない場所や道から見えない場所だと誰がやっても詰む 



山は怖いな 



猿に負けない格闘技を身につける 
失敗から学ぶ登山術 トラブルを防ぐカギは計画と準備にあり

カテゴリ

  • なんJ
  • 質問ある?
  • おすすめの○○
  • Vtuber
  • 野球
  • 歴史
  • クレジットカード
  • FX
  • 仮想通貨
  • 投資
  • 保険
  • ふるさと納税
  • 自己破産
  • 借金
  • 生活保護
  • 発達障害
  • ADHD
  • メンタルヘルス
  • うつ
  • 自殺
  • 英語
  • 留学
  • 歯医者
  • 退職代行
  • 転職
  • 介護
目次