サファテ「日本には自分を格上のように思っている監督が存在する」

サファテ「日本には自分を格上のように思っている監督が存在する」



――米国では多くのチームの監督がいわゆる“オープンドア・ポリシー(監督室にいつ話に行っても構わないというルール)”を掲げているのに比べ、

一般的に日本では選手と首脳陣の対話がより難しいと感じませんか? 


日本では監督がチームの絶対的リーダーであり、米国のやり方とはかなり違います。

メジャーリーグではベテラン選手がリーダーシップを発揮し、監督はラインアップを組み、効果的に選手起用をするのが主な仕事。 

日本では監督の権威が大きく、中には自分が格上の存在であるかのように振る舞い、選手から話掛けることもできない監督もいます。

監督は選手とコミュニケーションを取り、体調や考えを把握するべきだと思いますが、日本にはそれを好まない監督がいるということです。 





ノムケンやろなぁ 



野村 



サファテは良い助っ人よな 



サファテと阪神のメッセンジャーはキャプテンシーあって実力もある良助っ人や 



工藤はそんな感じではないような気がするわ 
特にサファテには頭上がらんのやろ? 



先発はもっと長いイニング投げろや発言の時も 
工藤がサファテの意見聞いてせやねで終わったし 



野村だろ 



そういや西武にもいたな 



レジェンド格の選手が監督になりすぎや 



2011 野村 
2012 
2013 ハゲ 
2014 秋山 
2015 工藤 
2016 
2017 
2018 




誰やろなぁ 



秋山だな 



秋山の可能性もあるな 




ノムケンはアメリカで臨時コーチもしてる 
愛称ケニーやぞ 



炙り出されてて草 



工藤は管理野球やけどレギュラー格には意外と甘い 



その辺落合とそっくりやな 



立浪「せやろか」 



ノムケンは監督時代はスカしてたからな 



サンキュー工藤 



工藤やろ 



簡単に割れてて草 



工藤はなんとなく話とか聞いてくれそう 



サファテが所属した時は2・3年目のノムケンだしノムケンしかおらんわ 



権威主義が日本の国民性だから指導者の神格化は基本 



もちろん監督も実績無きゃ権威もへったくれもないから必然的に名選手が監督をやる 



名選手で名監督も、名選手で凡監督も等しく生まれる 



だってどこの球団もそうだから 



ノムケンは監督終盤こそ助っ人とコミュニケーション良くとってたらしいが、 
あれはサファテとの関係悪化という出来事があったからこその気がする 



ノムケン野手陣とは話してそうだけど投手陣とはイマイチだった気がする 



工藤はピッチャーには厳しそうやね 



工藤塾とかやってスパルタ特訓してるんやろ? 
まあ権威主義とは違うだろうな 



ノムケンは英語できるやろ 



変わるしかなかったノムケンだから変わる前はそらアカンよ 



ノムケンか渡辺かと思ってたが一番声かけにくいのは秋山かもな 



工藤は選手を君付けで呼んどるよな、報ステの頃から 

  • URLをコピーしました!
目次